にっきっ記

気軽に書いてる日記です。お気軽にどうぞ。

つまるところ

「これでいいのだ!」 と 「こんなんじゃだめだ!」 のくりかえしのような気がしているのですが、みなさんいかがでしょうか。

ここは景気よく

たとえば1000年。1000年は色あせないような、そんな心持ちで生きていきたいですのぉ!

よっ、南武線!

まあさ、同じ150億歳同士、仲良くやろうぜ。

慰問パンチ

高校生に負けた!今日、僕の職場である特養老人ホームに、近隣の高校生らが「慰問」にやってきた。この「慰問」は生徒による自発的なものではなく、学校のカリキュラムの一貫のもので、3年間の高校生活のうち、30分間、老人ホームへの「慰問」が組み込まれて…

心の中に、宇宙が宿ってんのさ。

僕らは人間だ。 僕らは人間で、まわりにも人間ばっかりいるから、ついつい人間に重きを置きすぎる。そんなんで窮屈になることが、多々ある。僕らの祖先をさかのぼっていくと、サルやナメクジウオになるという。そして、さらにもっとずっーとたどれば、最初の…

ごきげん

休日の夕暮れ時、向こう隣の家からなじみのある曲が聞こえる。むむっ、これはサザエさんで流れるBGM。きっとまた今週も中島が野球の誘いにでも来たのだろう。 僕は今、家のドアも窓も開けっぱなしにして、七輪に炭を入れ、網の下で芋を焼きながら網の上では…

たまらん大王どすえ

なにごとも、経験をすると、本質に近づくことのできる瞬間があるのだ。ざっくりした言い方をすると、「コツを掴む」っていうことね。それにしても、コツっていうのは感覚的なモノであるから、どうも忘れてしまいやすいのだ。そういうときにオススメしたいの…

イクラちゃんの如し

「OH,NO!」も、「OH,YES!」も、アメリカ人はビックリしたときに使っているようだけれど、現地での用法はどうあれ、僕はいつでも「OH,YES!」と驚ける人になろうと思います。

命名

喧嘩したときには腹が立って、相手の悪いところを責めたくなるものだけれど、ふと相手の立場になって考えてみると、相手の方にも、もっともな道理がある。相手の立場に寄り添うことで「なんでアンタはこんなことしたんだ!」から「あぁ、それはタマランなぁ…

おす!

「人生って何だ?」という疑問に対する、26歳現在の僕の答えは、「燃えちまっているんだからしょうがない。」です。

よいしょ!

どんな体験でも先がある。 先のない体験はない。 おきるべきことがおきるべくしておきる。だから、何も、現実以上のおそろしいことはおきないのだ。 怖がって、緊張している力を抜いて、世界に身をゆだねようではないか。世界を信じて生きることが、エネルギ…

Ukare-Ponchi

集中して、ひとつのことを模索すると、確かに深いところにいけるのだけれども、だんだんマニアックになって、向上する速度や勢いは落ちてしまう。自分を、成長させるにあたって、あんまり純粋性や正確さにこだわると、それ以外の他のことにエネルギーを割く…

いぇす!

早く目が覚めてしまった朝。 起きぬけなのに、意識はえらくはっきりしている。 布団をかぶって天井を見上げつつ、僕はなぜか自分の死というものを意識してしまうのだ。 「死んだら僕はどうなってしまうんだろう」と考える。そして、やっぱり怖くなる。 自分…

求道ってんだ。

ものごとを洗練させていくために必要なのは、道を探っていくこと。道を探っていくために必要なのは安易に落としどころを決めてしまわないこと。安易に落としどころを決めないために必要なのは、変わり続けていく勇気。変わり続けていく勇気を持つために必要…

ホリデー!

今日、文化の日というのは、戦争放棄を誓った初めての憲法が公布されたことにちなみ、自由と平和を愛し、文化をすすめようじゃないかという日なのだね。こんなにおめでたい、ハッピーな休日は他にないね。憲法解釈の変更とかのごたごたはあるけれど、まずは…

あるーく

昨日、ひさびさに台本を書いた。おもしろくて、やさしい内容だと思う。自分を表現するっていうことは、自分のセンスで勝負するっていうことなのだ。自分のセンスで勝負するっていうのは、例えば台本の話で言ったら、「どんなことを面白いと思うか」っていう…

夜がまた来るよ

老人ホームでバイトをはじめて、ようやく人間の一生の最初から最後までを見た、あるいは経験したことになり、人間っていうのがどんなものか、すごくざっくりではあるけれど知ることができた気がする。 祖母も、父も母も、そして僕自身も、そう遠くない未来に…

一歩、外へ。

人と関わるうえで思ったことがあるので、書こうと思う。僕の中には、いつも色んな気持ちがある。ざっくり描くと、たとえばこんな感じ。 自分の中にある、混沌とした気持ちを丁寧に見つめ、受け入れていくことで、自分と気持ちの間にちょっと距離が生まれ、自…

もう、8月がそこまで。

「デザイン」っていうと、オシャレで、ちょっとムズカシイ響きにきこえるな。「やりかた」っていうとカンタンな気がする。 たとえば、重い荷物を持つとき、背骨を曲げて腕を伸ばした状態(身体の重心と荷物の重心が遠い状態)で荷物を持ちあげようとすると、腰…

裸にて

つい2日前のことになるが、同居人からゆっくりとした動きで日々を過ごしてみることを勧められた。ちょうど2人で銭湯へと向かい、並んで歩いているときのことだった。 ゆったりと動くことで交感神経優位から副交感神経優位になって、自律神経が整い、無駄にエ…

ふぁいっ!

モノを言い切るとか、線引きをするとか、毅然とした態度をとるっていったようなことが僕は苦手だから、なんとかそれを変えてみようと、意識的に強い態度をとろうと何回かしてみたのだけれど、そのさじ加減というのはとても微妙なように思います。 というのも…

いえす!

正直太郎

ほれほれっ

より、すっきりと

昨日の学童にて。

昨日、子供とつくった、おっちゃんマシン。 はじめ僕が作ったら、ある子がそれを振り回して壊してしまった。そしたら別の子が、壊されたことに怒り、嫌だった気持ちを僕にこぼしながらもテープや新聞紙をつぎはぎして【テナガおっちゃんマシン】完成させた。…

  ハタから見ればただのニート

学童保育のバイトをやろうとして、やっと現場に立って保育をするという段階までこぎついた。今日は、スタッフの方が僕と子供とのやり取りなどを実際に見るために、僕が現場で子供たちの保育にあたるという、二次面接の日だったのだ。しかし、いざ現場に入る…

いえすあんどトゥモロー▪オブ▪マイライフ

きっときっと

下手な鉄砲数撃たねば当たらんってんだあ

んっ、あそーれ ほっほっ んっ、あそーれ

新しい仕事が始まるまでの時間、講座の準備をしたいのと、少しでも成長したいっていう気持ちがあって、よく図書館に足を運んでいる。 今日も図書館に来て興味のある本や担当の講座に関連する本などを棚から取って読みあさっていたのだが、ふと思った。 あれ…

知性が感性を補うってんだぁ

歯みがきのやり方から人間関係まで

ふりー ふりー というけれど

僕という秩序、僕の部屋の無秩序

そうさ風の王、ぼくと踊ろう。

まうまうまー

このあいだ、絵本作家の梅田俊作さんという方が週末のクラブに遊びに来て、切り絵をつくったのだ。梅田さんの空気を感じながら、僕も、じゅわ~っととけるように集中して楽しみながら切り絵を作った。この切り絵というものがおもしろい。切っているときはた…

たのしくて、プリティで、ひっくりかえっちゃうような、

今までの僕自身のことを振り返ってみると、ずいぶん色んな事を人任せにしてきたなって思う。 なにかを丁寧につくっていく側ではなく、ちらかす側としてたくさん遊びほうけてきた。そして何かをするにしても、ちゃんと自分で責任を持ってやっていくというより…

影響しあって生きていくってのなら

せっせっせーつぶーん

よっとっとろーる

たからものたからもの

あいうぉんと とぅ ごー とぅー まい ほーむ たうん

おりゃー。なぜか体がメチャだるいのだ。

ううむ。

昔、自分が書いたブログを久しぶりに読んだ。 文はメチャクチャだし、勢いまかせのノリはワケわからん感じがあるけど、センスはいいなって思ったよ。チラッといいとこだけ引用。「教える立場の人間になったとき、すべきことのひとつは、子供が色々なことを自…

一石二鳥ってんだ。絵日記スタート。

なにも大きな話ではなく

あいまいだ あいまいだ中途ハンパだ 中途ハンパだ毎日、日々のことに一生懸命やっているかとふりかえってみると、まだまだやな、と思う。もっと毎日のことを受け身でやるんじゃなくて、僕がつくっていくという姿勢でやっていくことはできるし、子供たちとの…

恥ずかしながら、ザ・現在地

年をとるにつれて自分が変わってきている。 ああ、すっかり人間の大人になってしまった。子供の頃は大人になった自分を想像できなかったから、「きっと僕は大人になる前に死んじゃうんだろうな」ってぼんやり思っていた。想像出来なくても起こってしまうもの…

たとえば木の枝 たとえば花の色

昔、台本を書いたときの話。 はじめの方は「書きたい」と思って書いていたから、アイディアがごく自然に出てきた。リラックスしている体や頭からポンポンとアイディアが出てきた。 でも、やがて「書かなきゃいけない」っていう状況になって、「なんとかおも…

Ho-ko-

人が育っていくことと、木が育っていくことって似ているなあって思う。別に僕は木について詳しいわけでもなんでもないんだけど、イメージの話ね。生まれたばかりの人は、クニャクニャで、やわらかいし、小さい。種から芽が出たばかりの木(「木」というよりも…

根っこっこ

1日目にブログを書いてから、自分の書いた文章を何回も読み返している。やっぱり、ブログと日記は違うな。見られることをずっと意識するなって感じる。日記のような、やりっぱなし的な単なる足跡ではなく、ひとつの作品になってしまう。絵も写真もいれたく…